主婦の気になるニュース

子育て主婦のお役立ち情報

子どもが学校に行きたがらない!新一年生の不登校の原因と事例集

   

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

4月にご入学予定のみなさん!
おめでとうございます。

新しい生活にドキドキワクワク!
小学校楽しみですよね。

でも不安も大きいはず。

お子さんが小学校入学するのは嬉しいけど、すっごく不安!!!
そんなお母さんも多いはず。

通学路で事故にあわないかな?毎日無事に帰ってくるかしら?
勉強についていける?
友達にいじめられない?


本当に不安はつきません。

何よりも楽しく学校に行ってくれるのか…
心配ですよね。

実はけっこう、「学校に行きたくない!!」と泣いているお子さん多いんです。
一人や二人ではありません。
ちょこちょこ聞きました。

不登校までもいかないまでも
毎日「学校行きたくない!!」と泣かれるの、とても心配ですよね。
一年生のうちから泣いて、行きたくないと言っていて、本当にこの先大丈夫かしら?と思う人も多いと思います。

一年生が学校に行きたくない原因ってなんでしょか?
どうしたら泣かずに学校に行ってくれるのでしょうか?


1.人生で一番の変化する年!

小学校へ入学し、新しい生活が始まる一年生。
人生で一番生活が変わる年です!

今まで、幼稚園でも保育園でも基本的に遊ぶことがメイン!
それが小学校に入ると40分、ずーーーーと座って先生の話を聞いていけないとなりません。
それも、1日中。

子ども一日の生活が、がらっと変わるんです!

幸い、うちの子が一年生の時の担任の先生は、そのことをよくわかってくれていました。
人生で一番変化する年なので、子どもも大変なんです。」と。
子どもの気持ちをよくわかってくれている先生なのでスムーズに学校生活に慣れることができました。

スポンサードリンク


2.学校に行けない一年生

私の周りで実際に学校にいくことを嫌がっていた子はこんな感じでした。

事例1
雨の日にお道具箱をもっていった日から学校にいけなくなった。

普段からおとなしい子で、それまでは普通に学校に通っていました。
「学校楽しい」というようなポジティブな言葉は聞かれませんでしたが、それでも嫌がることはなかったそう。
それが、雨の日に重いお道具箱をもっていかないといけない日がありました。
その日を境に「学校へ行きたくない」と言うようになったそうです。

事例2
学校は楽しい!でも毎朝大泣き!

学校へ行くと、友人とも仲良く遊び、楽しいと言っているA君。
でも毎朝「行きたくない!!いやだ~!!!」と大暴れ。
蹴られたり、叩かれたりすることもあるそう。
なんとか、かんとか、毎朝お母さんはが無理やり学校まで連れて行っています。
でも学校へ着いたら友人たちと、笑顔で遊んでるそう。

お母さんは、本当につらいと悩んでいます。

256171
3.一年生が学校に行きたがらない、不登校の原因って?
そうなんです!原因がはっきりしない不登校が1年生には多いんです。

子どもたちもなんで学校に行きたくないのかわからない、そんな場合も多いです。

しかしよく考えて。
1でうちの子の担任の先生が話たとおり、子どもにとって小学一年生は「人生で一番変化する年
すごい負担です。

小さな体に大きなランドセルを背負って、徒歩で登校。
朝も早い。
学校へ行けば、席に座って授業。
下校後は宿題もあるし、また明日の準備。


子どもとってすごいストレスなんです。
想像以上に子どもは疲れています!

疲れてるし、なんとなくだるい、だから学校へ行きたくない。
だから些細なことが原因で、学校へ行けなくことがあるんです。

実際、月曜日は元気だけど、木・金になると「学校へ行きたくない」って泣くという子もいました。


最後に
一年生が学校へ行けない、不登校の原因は

学校生活に慣れていない
心身ともに疲れている


というようなことも多いです。

もちろん、いじめなど、他のことが原因の場合もあるので、まずは子どもの話をしっかりと聞いてあげることが大切です。
決して
どうして?
なんで?
と問い詰めることはやめましょう!

まずは子どもも疲れていることを理解し、規則正しい生活ができるようにしてあげましょうね。
3学期にもなればさすがに一年生も学校生活に慣れます。
それまでの間、しっかりと子どもをサポートしてあげるようにしましょう。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

スポンサードリンク

 - 子育て , , , , , ,

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes