主婦の気になるニュース

子育て主婦のお役立ち情報

2016年京都の桜の開花はいつ?600度の法則で計算できる!

      2016/01/24


桜、大好きです!

毎年桜の開花を楽しみにしています。

みんなでわいわいお花見したり
家族で楽しくお花見したり
一人でまったりお花見したり


一年で一度しかない桜の季節。
とても楽しみにしています。

今年も桜の開花が待ち遠しい!

そんな桜の開花ですが、だれでも簡単に計算できちゃうって知ってました?

今回は前回に引き続き京都の2016年の桜の開花を、計算して当てちゃいましょう!

6ea7481c1aafd33071f92a582ac5b992_s
京都の寺と桜。
本当に素敵です。
今年の春の京都旅行の参考にしてくださいね。

◇桜の開花 600度の法則

そんなに簡単にできちゃうの?
と思うかもしれませんが、足し算さえできれば、だれでもできます!

桜の開花は

2月1日からの毎日の最高気温を足していき、
600度になったときに開花する
と言われています。

2月1日 10℃
2月2日 11℃
2月3日 10℃
2月4日 12℃
の場合
10+11+10+12+・・・と足していき、600度になったときの日が桜の開花の日になります。

スポンサードリンク


◇600度の法則で2016年の桜の開花を予想しよう!
では実際に京都の桜の開花を予想しちゃいましょう!
しかし今から3月までの最高気温の予報なんてなかなかない!

そんな時は天気出現率を使ってみましょう。

天気出現率とは
過去30年間の大気現象や日降水量、日平均雲量から割り出した天気の出現率です。

つまり過去30年間の平均ですね。

京都の過去30年間のデーターから出された最高気温の出現率はこんな感じになってます!

2月
http://weather.goo.ne.jp/appearance_ratio/p0032/02.html

3月
http://weather.goo.ne.jp/appearance_ratio/p0032/03.htmlこれで2月1日から計算していくと…

桜の開花は3月26日となります。

あくまで平均ですが。。。
当たるかな?

でもこういったものでお花見の予定は立てやすいすよね。

日本気象協会も桜の開花予想を出していますが、2月からになります。
http://www.tenki.jp/sakura/

◇最後に
実際に2月1日から、毎日最高気温を足していってみると楽しいと思います。
子どもと一緒に計算していくのもいいですよね。

2016年の京都の桜の開花はいつになるでしょうか。
今から楽しみです♪


スポンサードリンク

 - 京都情報 , , , , , , , ,

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes